【第一チャクラ】心と身体を安定させるムーラダーラチャクラとは?

この記事では、心と身体を安定させると言われる第一チャクラ、ムーラダーラチャクラについて詳しく解説していきます。
またムーラダーラチャクラを活性化するヨガのポーズも紹介するので、参考にしてみて下さいね。

ヨガのチャクラとは?

「チャクラ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
ヨガでは、私達の身体には目に見えないエネルギー「プラーナ」、日本語で言うところの「気」が流れていると考えられています。
チャクラとは、そのプラーナが出入りしている場所、プラーナをコントロールする場所のことを指します。

チャクラはサンスクリット語で「車輪」や「回る」という意味を持ちます。
プラーナはチャクラをポイントとして体内をグルグルと回り、私たちの様々な活力を生み出していると言われています。

チャクラは背骨に沿って、7箇所あると言われています。
7つのチャクラはそれぞれ色や形の違う蓮の花としてイメージされ、特徴や役割が異なります。
全てのチャクラがバランス良く機能することで心身のエネルギーが整い、どこか一部のチャクラの動きが鈍化したり、反対に活性化しすぎたりすると、心身に不調が現れると考えられています。

第一チャクラ、ムーラダーラチャクラについて

ムーラダーラチャクラについて

第一チャクラであるムーラダーラチャクラは、別名ルートチャクラとも呼ばれます。
ムーラダーラとはサンスクリット語で、「根を支える」と言う意味を持ち、その名の通り、人間の根っこ、つまり土台となるチャクラです。
ムーラダーラチャクラは生殖器と肛門の間の「会陰部」にあると考えられています。
性欲などの本能的な感覚や生殖機能と繋がりがありますよ。

ムーラダーラチャクラを整えることで、地に足をつけ、他人に流されずに生きていけるようになると言います。
心身両方のベースを整えるチャクラで、活性化されることで肉体的な健康や精神の安定が得られます。
また精神的に安定することで、幸福感を感じやすくなる、集中力が高まるなどの効果も期待できますよ。

ムーラダーラチャクラのイメージと活性化の方法

チャクラにはそれぞれの色や音、五感などのイメージが決まっています。
イメージに合うものを取り入れることで、チャクラを活性化しやすくなりますよ。

ムーラダーラチャクラのイメージは上の画像の通り、赤色で4枚の花びらの蓮の花で表されます。
ムーラダーラチャクラを活性化させたい時は、赤色の物を身につけるようにしましょう。

またムーラダーラチャクラは「地」のエレメントや嗅覚とつながりがあると考えられています。
大地に初めて雨が降った時の匂いを想像すると、ムーラダーラチャクラを活性化させることができると言われていますよ。
また裸足で歩いたり、自然の中に身を置いたりするなど、地球を感じられるグラウンディングをするのも良いですね。

ムーラダーラチャクラのマントラの音は、「LAM」(ラム)です。
活性化させたい時は、「AUM」(オーム)の代わりに「LAM」を唱えるようにしてみましょう。

ムーラダーラチャクラのバランスが崩れると…?

チャクラの働きは鈍くなっても活性化しすぎてもよくありません。
心身の健康のためには、7つのチャクラのバランスが整っていることが大切だと言われています。

チャクラが滞っている時

「安定」を司るムーラダーラチャクラが滞り、働きが鈍くなってしまうと、また活力がわかず、やる気が出ない、体が冷えるなどのトラブルが現れます。
また日常生活で不安感が増したり、落ち着きがなくなったりする傾向がありますよ。
心配性、ネガティブ思考、生活態度がだらしない、身体がなんとなく重たい、などの症状が当てはまる人は、ムーラダーラチャクラを活性化するように心がけることをオススメします。

チャクラが活性化しすぎている時

ムーラダーラチャクラが活性化しすぎている場合は、頑固になる、執着心が増す、自分の意見を押し付ける、などの傾向が出ます。
また現実主義的になりすぎてしまい、お金など目に見える豊かさを追い求めてしまうことも…。
思い当たる方は他のチャクラを活性化することでバランスを整えるようにしましょう。

ムーラダーラチャクラを活性化するヨガポーズ

チャクラを活性化する方法として、ヨガのポーズも効果的です。
ムーラダーラチャクラを活性化させるには、生殖器と肛門の間にある会陰部や骨盤底筋群を意識するようなポーズを取り入れるようにしましょう!
また地面とのつながりを意識しながらポーズを取ることで、よりムーラダーラチャクラを活性化することができます。

戦士のポーズ2(ヴィラバドラーサナ2)

  1. 両足をそろえてまっすぐ山のポーズで立つ
  2. 両手を腰に置き、息を吸いながら左足を大きく後ろに引く
  3. 左足の足先を90度外側に向ける
  4. 骨盤と胸は真横に向ける
  5. 息を吐きながら右足を90度に曲げ、かかとの上に膝が来るようにする
  6. 両手を肩の高さで横に開き、視線は右手の指先を見る
  7. 3呼吸キープ

下半身を強化できるポーズです。
足裏から地面に根っこが生えるようなイメージでポーズを行いましょう。
吸う息で地面からエネルギーを吸い上げ、吐く息でエネルギーが体の中をめぐるのをイメージしてみて下さいね。

橋のポーズ(セツバンダーサナ)

  1. 仰向けになり、膝の下にかかとが来るようにして、膝を立てる
  2. 脚は腰幅に開き、手のひらはマットの方に向ける
  3. 息を吸いながら、足裏と肩甲骨でマットを押し、お尻を持ち上げる
  4. お尻、腰、背中と下から順番に浮かせるようにする
  5. 背中の下で両指を組み、腕全体でマットを押し、さらに胸を反らせる

ヒップアップや肩こり解消などの効果があるポーズです。
お尻を持ち上げる時に、ムーラダーラチャクラを意識するようにしましょう。

鷲のポーズ(ガルダーサナ)

  1. 両足をそろえてまっすぐ山のポーズで立つ
  2. 足裏をしっかりと床につけ、お腹を締め、膝を少し曲げる
  3. 息を吐きながら左の右足を持ち上げ、左の太ももの上に乗せる
    余裕があれば、右の足先を左のふくらはぎに絡める
  4. 両手を胸の前に出して手のひらを天井方向に向け、右手が下になるようにしてクロスする
  5. 手を顔の方に伸ばし、手の甲と甲を合わせる
    余裕があれば、手のひらと手のひらを合わせる
  6. 息を吐きながらお尻を後ろに引き、上半身を斜め前に倒す
  7. 視線は指先の1点に集中し、3呼吸キープ

集中力を高め、肩こり改善に効果のあるポーズです。
身体を中心軸を意識し、絡み合った足の付根にあるムーラダーラチャクラを感じてみましょう。

ムーラダーラチャクラを整えて、安定した土台を築こう!

チャクラは目に見えないもののため、普段の生活の中で意識するのは少し難しいですよね。
しかし、なんとなく体調が悪い、なんとなく気分が沈んでいる、そんな時はチャクラを整えてみると良くなるかもしれませんよ。

第一チャクラであるムーラダーラチャクラは私たちの心身の健康を支える基盤となる、重要なチャクラです。
ムーラダーラチャクラを活性化させることで、心身の健康を促し、また幸福感を感じやすくなると言われていますよ。

7つのチャクラは全てバランス良く活性化されていることが大切です。
そのためには、全身バランスよく動かし、心身ともに整えていく必要があります。
ヨガはチャクラを整えるのにも役に立つと考えられていますよ。

classmallでは、オンラインで様々なヨガのレッスンが受けられます。
自宅で好きな時にヨガのレッスンが受けられるので、気軽に続けることができますよ。
全身をしっかり動かすようなレッスンから瞑想系のレッスンまで様々な種類のレッスンがそろっています。
ぜひチェックしてみて下さいね。

この記事を監修してくれたのは

ちーちゃん
ちーちゃん
会社員時代にヨガを始め、アフリカで青年海外協力隊として2年間活動後、インドに渡りRYT200の資格を取得。帰国後、YOGA Ed. キッズヨガ講師養成講座及びチェアヨガ講座PI1、助産師による産前産後ヨガ講座を修了。
現在はフリーのヨガインストラクター兼webライターとして活動中。ヨガ哲学が好きで、ポーズだけでなく心のヨガについても発信中。

投稿者: ちーちゃん

会社員時代にヨガを始め、アフリカで青年海外協力隊として2年間活動後、インドに渡りRYT200の資格を取得。帰国後、YOGA Ed. キッズヨガ講師養成講座及びチェアヨガ講座PI1、助産師による産前産後ヨガ講座を修了。 現在はフリーのヨガインストラクター兼webライターとして活動中。ヨガ哲学が好きで、ポーズだけでなく心のヨガについても発信中。