骨盤底筋を鍛えるヨガポーズ!ホルモンバランスにも効果的

最近、ネット記事や女性誌を読んでいると、骨盤底筋を鍛える事の大切さについて記載されているのをよく見かけ、世間の興味関心の高まりを感じています。

臓器を支えるハンモック状の筋肉の骨盤底筋群。これらは丹田たんでんと呼ばれるお腹の下のツボに隣接していて、血液や気など、身体全体の巡りを司る大事な場所です。(お灸などをよく置いたりする場所ですよね!)

私も、姿勢や身体のラインは骨盤を整えることから!とレッスンで常々お話をしていますが、骨盤底筋のゆるみは自分の体調やメンタルバランスと深く関係があるのをご存知でしたか?

骨盤底筋群を鍛えれば、下半身の引き締めなどのダイエット効果だけでなく、心身のバランスも整えやすくなります。

この記事では、骨盤底筋を鍛えるヨガポーズについてご紹介します!

骨盤底筋を鍛えるヨガポーズ2選

橋のポーズ

  1. 仰向けになり立て膝を作り、膝の下にかかとが来る位置に足を置きます。掌を下向きにして体側に伸ばします。
  2. お尻を持ち上げます。自分の腹筋もおへその方に寄せるようにして軽く力を入れます。
    お尻を持ち上げる時はかかと側でマットを押すようにします。この時、骨盤底筋を引き込むように意識します。ところてんを吸い上げる様なイメージで行ってみましょう!
  3. 膝から胸までが一直線になったら目線を自分の胸の辺りに向けます。
    頸椎を痛める可能性があるので、首を左右に動かさない様にしましょう。

ゴームカ・アーサナ(牛の顔のポーズ)

  1. マットに座り、片足ずつお尻の周りに脚を巻きつけるようにして座ります。
    かかとがお尻の横に来るようにセットします。猫背にならないように、坐骨の上に骨盤を真っ直ぐ立てましょう。
  2. 骨盤底筋をみぞおちの方に引き上げるようにして力を入れます。
  3. 片手の手は上、もう片方は下から背中側に手を回し、身体の後ろで手を繋げたら繋ぎます。
    ひじが前に来ない様に胸を開くことを意識します。
  4. 骨盤から頭までが曲がらないように、真っ直ぐの姿勢を保ちます。

骨盤底筋を効果的に使うヨガを楽しみませんか?

classmall(クラスモール)では初心者の方からヨガ経験のある方まで、どんな方でも参加できるレッスンが勢揃いのオンライン習い事マーケットです。骨盤底筋も含まれるインナーマッスルを効果的に使うレッスンがおすすめですよ!ぜひトライしてみてくださいね。

猫背や下半身のむくみが気になりますか?それは骨盤の歪みや骨盤底筋の緩みが原因かも。この記事では骨盤底筋を鍛えるヨガポーズをご紹介します。

猫背や下半身のむくみが気になりますか?それは骨盤の歪みや骨盤底筋の緩みが原因かも。この記事では骨盤底筋を鍛えるヨガポーズをご紹介します。

この記事を監修してくれたのは

MOMOYO
MOMOYO
広告会社での営業職として勤務中に心身のバランスを崩し、その時にヨガに出会う。会社員を退職し、パーソナルトレーナー・ヨガインストラクターとして都内で活動していたが、2020年、東京から小豆島へ移住。現在は島内にオープンした古民家スタジオで老若男女問わず楽しめるレッスンを行なっている。

投稿者: MOMOYO

広告会社での営業職として勤務中に心身のバランスを崩し、その時にヨガに出会う。会社員を退職し、パーソナルトレーナー・ヨガインストラクターとして都内で活動していたが、2020年、東京から小豆島へ移住。現在は島内にオープンした古民家スタジオで老若男女問わず楽しめるレッスンを行なっている。